【東京】玉木、大塚両共同代表が有楽町イトシア前で街頭演説

 国民民主党は14日、東京・有楽町で街頭演説会を開いた。演説会には玉木雄一郎共同代表と大塚耕平共同代表が弁士に立ち、泉健太国会対策委員長が司会をした。

 大塚共同代表は、「正直な政治、偏らない政治、現実的な政治。この3つが揃わずして民主主義国家とは言えない」と結党宣言の内容を引用し、「この3つを間違いなく皆さんにお届けするために新たな歩みを始めさせていただいた。いま国会が直面しているのはこの第1点、一番大事な正直な政治が行われていない。だから、いま国会が紛糾している」などと訴えた。

 玉木共同代表は、同日午前の衆院予算委員会の質疑の中で安倍総理に提案した公文書改ざん防止法に触れ、「具体的な提案をしていくこと、それを法律でまとめていくこと。おかしいなと思ったら、おかしいおかしいと言うだけではなくて、じゃあこうしようということを法律の形でつくれる議員が私たち国民民主党にはたくさんいる」などと述べ、「提案できる政党」であることをアピールした。

 街頭演説後に両共同代表は記者団の取材に応じた。

 大塚共同代表は、「予想以上に大勢の方が足を止めて聞いてくださった」「国民民主党としてわれわれが目指していることが間違いないと思ったので、これからの勇気が湧いてきた」と感想を述べた。

 玉木共同代表は、「自分たちの思いをしっかり整理をして丁寧に地道に訴えていくことが何より大切と思ったから、ここ有楽町からスタートして全国で思いを訴える運動をこれから展開していきたい」と今後の意気込みを語った。