「モリカケ疑惑は、何度聞いても疑惑が深まる状況だ」泉国対委員長

衆院内で定例記者会見を行う泉健太国対委員長

衆院内で定例記者会見を行う泉健太国対委員長

 泉健太国会対策委員長は15日、定例記者会見を国会内で開いた。

 前日14日に衆参両院で開かれた予算委員会の集中審議について、「モリカケ疑惑は、何度聞いても疑惑が深まる状況だ」と指摘。「この問題については、公文書改ざん防止法も含め、われわれもできるだけ前向きに、起こった問題についてどう対処するかという観点から、ご提案申し上げた。しかし残念ながら、総理からは、実りある対応がなかった。真摯(しんし)な議論に向き合わなかった安倍総理側に問題があったのではないか」と述べた。

 言動が問題視されている麻生財務大臣については、「閣僚席から質問者の質問に直接影響を与えるような暴言を吐くということで、本当に問題外だ。これまで麻生大臣には、公文書の問題についての責任ということから、ずっと辞任要求を続けてきたが、その後のセクハラ問題への対応、そして昨日の暴言も含め、正直もう手に負えないな、という気持ちを持っている。与党側が、国民に対して麻生大臣についてけじめをつけるかどうか。与党が問われている状況だ」と指摘した。

 今後の国会対応については、「柳瀬氏についても、安倍総理についても、非常に不誠実な答弁が続いており、引き続き深掘りをせざるを得ないと考えている。愛媛県の中村知事の国会招致が認められなかったということも含め、与党の後ろ向きな対応を質していきたい」と述べた。