【談話】新潟県知事選挙結果を受けて

国民民主党選挙対策委員長 大島敦

 本日、新潟県知事選挙が実施され、わが党が推薦致しました池田ちかこ候補が残念ながら惜敗いたしました。ご支持をいただいた新潟県の多くの皆さまに御礼を申し上げるとともに、候補者を推薦した政党として力が及ばなかったことをお詫び申し上げます。

 池田候補は、これまで柏崎市役所から市議・県議と37年間一貫して新潟県に携わり、現場主義で本来の「地域主権」を実践してこられました。その池田候補の「新潟のことは新潟で決める」という決意に国民民主党は共鳴し全力で支援を行いましたが、新潟県民の思いを結集できなかったことは無念でなりません。

 池田候補が当選を果たせなかったことは大変残念ではありますが、野党がともに戦った選挙戦での池田候補への支持の広がりは、新潟における安倍内閣の危うい政治運営に異議を唱える声が広がっていたという証左に他なりません。

 国民民主党は、結党して間もない党ではありますが、今後とも全国の地域の皆さまと連携し、地域主権の確立を目指して一丸となって取り組んで参ります。引き続き、国民の皆さまのご支持、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

以上