「性暴力被害者支援法案」を衆院に提出

 6党1会派(国民、立憲、無所属の会、共産、維新、自由、社民)は11日、「性暴力被害者支援法案」を共同で衆院に提出した。

 本法案は、性暴力被害者支援連絡会議・性暴力被害者支援審議会等を設置するとともに、性暴力被害者支援計画の策定等、国・地方・支援者の責務、連携協力を定める。また、ワンストップ支援センター整備、性暴力被害者に対する支援、性暴力被害者の支援のための体制の整備等の基本的施策を規定するもの。

 提出者の1人である稲富修二衆院議員は、提出後の記者会見で「(性暴力の)被害者の方で届けられている方は数パーセントと言われている。被害者が相談できる場所を充実させる。それを国の責務としてやっていく必要性があると思ってやっている」などと本法案提出の考えを語った。

性暴力被害者支援法案概要

性暴力被害者支援法案要綱

性暴力被害者支援法案

性暴力被害者支援法案新旧対照表