【衆院本会議】山際大志郎内閣委員長解任決議案が否決 稲富議員が賛成討論

 衆院で14日、山際大志郎内閣委員長解任決議案の本会議採決が行われ、与党等の反対多数で否決された。採決に先立ち、国民民主党・無所属クラブの稲富修二議員が賛成の立場で討論を行った。

 稲富議員は、山際内閣委員長に対する解任決議案に賛成する理由について、「『子ども・子育て支援法改正案』『TPP関連法改正案』『カジノ法案』などさまざまな重要法案が議案となったが、山際委員長はこれら重要法案について、ことごとく委員長による『職権』をてこに、拙速な法案の審議入り、十分な審議を行わないまま採決の日程を決めるなど、政府・与党の思惑通りの強引な委員会運営を行った。山際委員長が、自ら述べた『円満かつ規律ある委員会運営に努めていく』ことを実践しているとは到底思えない」と述べ、内閣委員長としての適格性を欠くものだと断じた。

 稲富議員は、カジノ法案についても「立ち止まって、時間をかけて、日本にふさわしい『観光立国』の姿をしっかりと議論すべきだ」と述べた上で、「公明・公正な委員会運営を行わず、政府・与党の党利党略と一体となって委員会運営を行う山際委員長は、もはや委員長としての資格はない」と指摘し、解任決議案の賛成討論を終えた。

山際内閣委員長解任決議案賛成討論(予定稿)