通常国会連続街宣第3弾の上尾駅東口街頭演説会

 国民民主党は7日、通常国会連続街宣第3弾となる街頭演説会を埼玉・上尾駅東口で開いた。玉木雄一郎代表、大島敦副代表、宍戸千絵参院選埼玉県選挙区公認内定者、島田誠衆院埼玉11区公認内定者、町田皇介埼玉県議選公認候補予定者らが交代でマイクを握った。

 玉木代表は、毎月勤労統計をめぐる国会審議を取り上げ、「言論をしっかり戦わせてよりよい答えを作っていくのが議会の役割。でも今、聞かれたことに答える気持ちがないし、聞いてもいないことを長くしゃべる。これでは議論にならない。最も問題なのは、議論をする前提となる資料やデータを求めたらきちんと出してもらって、それに基づいて議論を積み重ねていくのが議会制民主主義で一番大事なことだが、その前提となる資料を出さない。出しても文書やデータが改ざんされている。統計を信じることができない。これではまともな議論などできるわけがない」などと述べ、安倍政権の国会対応の問題点を厳しく指摘した。

 地元選出の大島副代表は、公文書管理適正化法案や行政監視院設置法案などに取り組んできた経験を踏まえ、「一番大事なのは『正直な政府』だと思う。国民民主党は改革政党として真っ正直にやっていきたい」とアピール。

 宍戸候補予定者は、経済産業省や民間企業で働いた経験から、「オールジャパンで国際競争力強化に取り組んでいきたい」と抱負を述べるとともに、「皆が当たり前に育み、働き、暮らせる日本をつくりたい」と訴えた。

 ツイッターでのライブ配信動画をこちらでご覧いただけます。
 https://www.pscp.tv/w/1yNGaOkNVARxj

玉木雄一郎代表

玉木雄一郎代表

大島敦副代表

大島敦副代表

宍戸千恵参院埼玉選挙区公認内定者

宍戸千恵参院埼玉選挙区公認内定者

島田誠衆院埼玉11区公認内定者

島田誠衆院埼玉11区公認内定者

町田皇介埼玉県議選公認候補予定者

町田皇介埼玉県議選公認候補予定者